発達の遅れ(はいはいがおかしい、立っちしない、喋れない)

はいはいがおかしいと言ってたまに当院に連れて来られる赤ちゃんがいます。

病院では、「癖だから心配ないよ」と言われるそうですが、やっぱり気になって
当院へ。

私の考えは、できることなら左右対称にはいはいをさせて運動機能をバランス
よく発達させてあげるべきだと思っています。

この場合は、骨盤の調整が一番効果が高いようです。

*ハイハイの(片ばいなど)癖が長い場合は、癖が抜けきらない赤ちゃんもいま
した。

立っちが遅い子は、色々な原因があるのでなんとも言えませんが、ハイハイ
と同じように骨盤の問題のお子さんは、骨盤の調整をするだけで立てるように
なる子もいます。


ただ、種々の問題が関係している場合は、難しいケースも多々ありました。

おしゃべりしない場合は、基本的に頭の前頭部の凹んだところを調整します。
(調整といっても、てをのせるだけです)

もしなければ、施術はできません(今までに、凹みがない子はいませんでしたが・・)

発達の遅れ(はいはいがおかしい、立っちが遅い、しゃべらない)で色々
療育など通っているが、何か他の方法はないのだろうかとお探しの場合
一度ご相談ください。

発達の遅れが改善された患者さんの声

当院に発達の遅れ(はいはいがおかしい、立っちが遅い、しゃべらない)の
お悩みで来られた患者さんから頂いた感想です。参考にして頂ければ幸いです。

このページの先頭へ